女性の防犯対策

防犯ガイドブック

女性の一人暮らしと防犯

女性の社会進出が進み、一人暮らしをしている人も大勢います。
しかし現代社会は近隣との関係が希薄になっており、困った時にすぐに助け合うという事がなかなかできない場合も少なくありません。
従って、犯罪に対しても周りに助けを求めるというよりは、まずは自分で何とかするというスタンスが必要となります。
女性がもし一人暮らしをするのであれば、防犯に関しては注意しておく必要があります。
管理人がいる事、オートロックである事、24時間セキュリティ管理されている事、防犯カメラが設置さている事等です。
また低い階の部屋を選んでしまうと、電柱等からベランダへ侵入されたりする可能性も考えられるので、出来るだけ安心して生活する為にはもう少し高層階の部屋を選ぶ事も重要です。
なるべく安全な生活を送る為にも、防犯設備が整っている物件を選ぶ事が重要で、さらにそこに住む本人も防犯意識をしっかりともって自分だけは大丈夫だという変な慢心だけはしない様にしましょう。

女性でも行える防犯とは

近年何かと物騒になっているので、出かける時は警戒するでしょうが、家にいる時も防犯対策を行わないといけません。
女性ならなお気を付けないといけない問題だと思います。
ではどのような防犯対策を行うべきでしょうか。
まずは家にいる間は常時鍵をかけておきましょう。
トイレやお風呂の些細な時間でも、侵入される可能性はあります。
空き巣は短時間で部屋内を物色します。
女性は男性に比べ長風呂の方が多いので、風呂内だと音が聞こえにくく対処しにくいのは間違いありません。
そのため鍵をかけておく癖をつけておきましょう。
後は知らない人の訪問は無視する事です。
なぜならドアを開けた時に、強引に入り込むケースが考えられるからです。
そうなると女性の力ではほぼ勝てません。
そのためインターホンが鳴っても確信がないなら、出ない方が無難です。
ただしこの方法は静かにしていないと通用しません。
居留守だとばれると何かと面倒なので、普段から意識して生活しましょう。
防犯対策は時代と共に変化していきます。
自分で行いやすい対策から始めていきましょう。

Favorite

最終更新日:2016/9/23